【お腹 ぺたんこ】誰でも簡単にぺたんこお腹を手に入れられる!!ぽっこりお腹をへこませる簡単な方法♪

出典: locari.jp

痩せているのにお腹だけ出ている、体重は落ちているのにお腹まわりだけが引き締まらない…
そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

食事制限しても意味がない!?ぽっこりお腹の原因

筋肉不足によって胃腸が正常の位置より下がってしまっている。

姿勢が悪く骨盤が歪んでしまっている。

などさまざまな原因が考えられますが、ぽっこりお腹の大半は、「運動不足によるもの」とされています。
姿勢が悪かったり、運動不足だと筋力は低下してしまいます。
インナーマッスルが衰えてしまうと胃腸は下の方に垂れ下がってしまうのです。
デスクワークのお仕事をされている方や出産後の女性に多くみられる症状といわれています。

上記に該当する場合、どんなに食事制限をして体重を落としてもお腹のぽっこりは改善されません。
ぽっこりお腹を改善するために、腹筋運動をされる方もいますが、なかなか毎日続けるのは難しいですよね。また、腹筋運動は正しい方法で行わなければ、効果が無かったり、腰痛を引き起こしてしまいます。

そこで今回は簡単なエクササイズをご紹介致します♪

誰にでもできる簡単エクササイズ♪

正しい姿勢を心掛ける。

姿勢が悪いままだといつまでもインナーマッスルは鍛えられません。
また、代謝が下がり太りやすくなります。
きちんとした姿勢を保ち、筋力UPに励みましょう♪

下腹を引っ込めるようにする。

ただお腹に力を入れるだけでも、インナーマッスルは鍛えることができます。
ふとした時に行なってみて下さい!
お尻にも力を入れることでヒップアップ効果がありますよ♪

自転車こぎ運動をする。

【正しい自転車こぎの方法】
①仰向けになります。
②足を上げます。
③自転車こぎのように足を動かします。

腹部の筋力UPに効果的! また、むくみ解消に効果もあるため脚痩せにも♪

スクワットをする。

【正しいスクワットの方法】
①肩幅位に足を広げます。この時つま先は真っ直ぐ前に向けましょう。
②肩の高さまであげた両手を前に出します。
③膝がつま先より前に出過ぎないようにしながら、ゆっくりと膝を曲げていきます。
④太ももと地面が平行になったら元の体勢に戻します。
※スクワットしている時は、背中が丸くならないように姿勢にも注意!!

正しい方法でスクワットをすれば、ぽっこりお腹を解消することができます!
お腹まわりだけではなくヒップアップにも効果抜群♪

腰をひねる。

【ひねり運動の方法】
①肩幅位に足を広げます。
②手を胸の前でクロスします。
③その状態のまま、右や左に上半身をひねりましょう。

身体をひねることで筋肉の凝りをほぐします。
そのため代謝が上がり脂肪を燃焼してくれるのです♪

ぽっこりお腹を改善すると痩せやすくなったり肌荒れが治ることもあります。
簡単なエクササイズでも最初はなかなかたくさんの回数をこなすことが出来ないと思いますので、少ない回数でも毎日続けるようにしましょう♪

にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
サイト内検索
カテゴリー一覧
人気記事
おすすめサイト